全粒粉でべジ餃子

餃子の美味しさを再認識し、このところ、手作り餃子にはまってる。
T55(中力粉)で皮、豚肉と白菜を餡にした定番餃子は、大変美味しく、先週も今週も1回づつ作った。
でも、ふと思ったこと。どうせ手作りするんだったら、他所で食べれないような餃子にしたら???

東京にある「按田餃子」というお店が大人気なんだそうです。
レシピ本も出版されているそうなので、ご存じの方も多いのでは?
こちらでは“他所では食べられない餃子”が人気を呼んでるのだとか。
友達から聞いた話ですが、オーナーの按田さんは病気がちな子供だったそうですが、
母親が作ってくれる薬膳的な家庭料理で健康になった。
「按田餃子」では、彼女の健康を作り出した薬膳的家庭料理、餃子の数々をお客さんに食べさせてくれるのだとか。
(人づてに聞いた話なので、事実と違う点があったら、すみません)。

店名から察するに、餃子が自慢のお店なのでしょう。ぐぐってみると「ハト麦入りの餃子」ってのが出て来た。
ハト麦を具に入れてるの? 皮にしてるの??? 按田餃子の料理に興味津々になる私。
でも、東京に住んでいないから、食べに行ってみることはできない。
だから、按田餃子さんみたく、ヘルシー餃子を作ってみることにする。
按田さんの料理は知りませんが、「医食同源のエスプリ」をまねて、餃子にしてみるってわけです。

f0363883_22055345.jpg

健康志向ということで、マクロビ的に中力粉を使わないべジ餃子に挑戦。
使ったのは全粒粉・ライ麦・大麦・オートミール・米の5種が混ざった粉です。
小麦粉で作る場合、100gに対して水は50㏄ですが、全粒粉ミックスの場合は若干混ざりが悪かったので、
60㏄くらい入れました。100gで12枚くらい餃子の皮が作れます。
今回使った野菜はセロリ、玉ねぎ、干しいたけ、人参。
べジ餃子は肉の代わりに、豆腐や乾燥プロテイン、豆を入れる人もいますが、私はオートミールを混ぜた。
オートミールが「野菜から出る水分を吸う」ので具が水っぽくならない。
そして「水を吸ったオートミールが肉のような食感になる」という話を耳にしたから。

12個のべジ餃子。6個は焼いて、6個は茹でる。
焼き餃子は、全粒粉ならではの粉っぽい味がしましたが、気になるほどではありません。
餃子は肉なしと思えないほど、弾力もあり、夫はべジ餃子と知って驚いていた。オートミール効果はちゃんと出てました。
普通の餃子に比べて、食後も軽いです。なんだか、体が喜んでる気がする!(単純な私???)
水餃子には、バンバンジーみたいなゴマタレをたっぷりかけた。
淡泊なべジ餃子だから、こってり系のソース(タレ)をかけてポイントにしたわけです。
水餃子はソースに工夫すると、もっともっと美味しくなりそう。いろいろ研究しなくちゃ~。

[PR]
# by parisbkk | 2018-03-08 22:19 | その他

チャイルドキッチン

 博多ラーメン「一風堂」は、博多のみならず、日本全国、世界進出も遂げている人気ラーメン店。現在パリに3店舗ある。
その一風堂が子供を対象に実施している「チャイルドキッチン」が、パリ15区の日本文化会館で開催されました。

f0363883_23311809.jpg

 今回の仕事を受けるまで、私は「チャイルドキッチン」のこと、知らなかった。
 一風堂オリジナルの食育活動で、小学生を対象に「料理を作ることの楽しさ」「食の大切さ」「夢を持つことの大切さ」を
伝える目的で開始した出前教室。2003年、店舗の近くで開催しはじめた出前教室は、現在、小学校などに出向いての課外授業にまで
発展してる。近年は海外でも出前教室が実施され、シンガポール、マレーシア、タイにおいても、日本の文化を体験し、勉強する場所として手打ちラーメン+餃子教室が行われてます。そして、今回、パリでも「チャイルドキッチン」が企画されたのです。
イベント実施にあたり、お手伝いが必要ということで、私はスタッフの一人として参加させていただきました。
 大好きなラーメン店の仕事に関われるって光栄なことです。
それに、「博多者やけん、博多の味を伝える仕事とか、ばり嬉しかとです」(←急に博多弁ですみません)。
 さらに「チャイルドキッチン」の方針にも強く共感してます。食育活動って素晴らしいこと!!

 アトリエは2月22日(木)~24日(土)までの3日間。1日2回の入れ替え制。定員は24名でしたが、全クラス満席。
昨今のパリでは日本食が人気ですが、とかくラーメン、餃子は大人気ゆえ、作りたいという人も多いのですね。

f0363883_23313953.jpg
 
 まず、麺作り。2名1組になってもらい、2人が協力して粉を練り始めます。
 麺の生地を寝かしている間に餃子を作ります。餃子はスタッフが用意した生地を使い、薄く延ばして餡を詰め、
餃子成型を学びます。餃子を焼くのはスタッフの仕事ですが、麺は自分で茹でてもらいます。
 スタッフはみんなに注意を配り、アドバイスをしてまわりますが、出来る限り、手を貸しません。
子供が小さく作業が難しい場合は保護者にお手伝いをお願いしたり、本当にできないときだけ、
ちょっとヘルプしてあげますが、子供は自分の力で達成します。それが大事ですよね!
 粘土細工を作る要領で、子供たちは楽しんでましたし、初めて作る子が大半ですが、皆、結構、上手に出来てる!。
「前に作ったことあったの?」と聞いたら「YOUTUBEで見た」という返事が戻る。
現代っ子は、テレビ、漫画、YOUTUBEなど、いろんなもので日本のこと知ってるんですねぇ(笑)。
 
 私が感心したことは一風堂さんのレシピ。ここでは「教え方レシピ」のほうです。
 さすがに2003年から実施されているという出張授業。「どうやったら子供が興味を持つか」「安全に作業できるか」
「楽しく作れるか」など、いろいろ研究され、きっちりしたノウハウを確立しておられる。
そのノウハウをスタッフに徹底させ、念入りに準備されるので、プログラムはスムーズに進むし、子供たちも、保護者たちも、
スタッフまでもが楽しめる教室になっておりました。これ、簡単なようだけど、実はとても大変なことだと思うんです。
一回のアトリエは2時間ほどですが、膨大な時間を準備に費やし、裏方の労力が大きいからこそ、実現していることだから。
 楽しく料理を作り、美味しく食べて、感謝を学ぶ。学校ではなかなか体験できない授業だけに、
日本の公立小学校がチャイルドキッチンを課外授業として取り入れるわけですよー。
 私も子供の頃、こんな授業受けたかった!(本音) 
 今回、私は教える側でしたが、たくさんのことを学ばせていただきました。
だから、みなさんに(参加者、一風堂関係者、日本文化会館の方々、その他のスタッフに)感謝です。
いい経験をさせていただき、ありがとうございました!
 
 タイ好きの私はタイで開催される「チャイルドキッチン」にも大いに興味があります。
タイの子供たちとのアトリエ、すごく楽しそう♪ ボランティアでもよいからスタッフとして参加したいものです。
「タイで開催するときは駆けつけますから、どうぞ、よろしくお願いしまーす」
なーんて、一風堂の社員さんに自分を売り込んでみたりした。((´∀`))/ 
 
 今回のイベントを通じ「夢を持つことの大切さ」を再実感。だから、自分のささやかな夢だって、願いが叶うよう、
やりたいことを声に出してみようと思う。そして努力を忘れずにする。
 今年はアクティブに、いろんなことに挑戦する自分でいたいです。
 

[PR]
# by parisbkk | 2018-02-27 00:37 | 和食

 
 先日行ったトルコ料理店で食べたシガー型のブリック。中身は違うけど、見た目は春巻きそのもの。
パリパリに焼いてあり、軽い食感。美味しいーーーーー。
 
 そこで、オーブンで焼くトゥントーン(タイ風揚げワンタン)を作ってみた。
さくっとつまめるフィンガーフードにして、アペロに出したら喜ばれそうだから…。

f0363883_01480661.jpg

 揚げ物はカロリーが高いので、揚げ物も揚げずにオーブンで焼く人もいます。
春巻きをオーブンで焼くレシピも、かなりたくさんありますね。しかし、春巻きの皮はしっかりしてる分、
オーブンで焼いたら皮がパンみたいになる。油分が足りないとパサパサで、揚げたときのような美味しさがない。
でも、ブリックの皮は薄いからオーブンでもパリパリに焼ける。フランスのスーパーなら、どこでも売ってて、
簡単に手に入るのも有難いです。揚げない春巻きに、もってこいだと思うのです。

 小型のシガー型にするのもよいですが、私風に巾着型のトゥントーンにする。
豚肉とエビ(もしくはカニ)をダブル使いにして具を巻き、一口大の袋型にして揚げる料理ですが、
今回は揚げません。しつこいけど、焼きます。
 シガー型の春巻きをオーブンで焼くと、途中で表裏をひっくり返さねば、両面焼けません。
焼きむらがあると、春巻きは綺麗に見えませんが、巾着型ならヒダの入り具合、ネギの結び目など、
一つ一つの形が微妙に違うので、焼き色がまばらでも気になりません。ひっくり返す必要がありません。
ころんとした形も可愛いし、作るなら、コレで決まり、ですよん。

 ここで簡単に作り方説明です。
 ブリックは4分の1に切って使用します。具はお好きなものをどうぞ。
タイのトゥントーンを意識するなら、豚ひき肉+エビ(もしくはカニ)を半々でミックス。
水に戻した春雨を小さく切って混ぜると、プチプチした歯ざわりがあり、さらに絶妙です。
 4分の1枚のブリックの真ん中にスプーン1の具をのせ、一口大の巾着に包みます。
口はネギ(もしくはニラ)で留める。ネギは湯通ししておくと切れにくく、巻きやすいです。
 天板に巾着を並べ、さっと油をスプレー(もしくは刷毛で塗る)。焼き色が付くまで焼くだけ。

 ブリックは1パック8~10枚入ってるので、一回で使い切れず、余ることもある。
写真をよく見た方は気づいたかもしれませんが、今回ブリックで作ったトゥントーン、一部破れてます…。
今回、冷蔵庫に保管して乾燥気味になったブリックで具を巻いたところ、ちょっと破れちゃったんです。
こんなのを油で揚げたら、中身が飛び出て大変なことになりますが、オーブンなら問題なく焼けます。
ちゃんと綺麗に焼けました。だから、なにくわぬ顔で来客に出した(笑)。
 破れなんて、誰の目にも入らず(気にせず)、瞬く間に終了。

 好評だったから週に2回作りました。だから2回目のブリックが乾燥気味だったんですけど、
失敗をものともしないオーブン焼き。大成功♬
 簡単・美味・可愛い。3拍子揃った我が家の人気おつまみ。カロリーオフでヘルシーだから安心して飲める???
 

[PR]
# by parisbkk | 2018-02-17 03:35 | アレンジ・タイ料理

 今年は暖冬かと思っていたら、今週は急に冷え込んでいる!
昨日も雪が降ったけど、今も雪が降ってます。ちらちらと。パリもうっすら雪化粧。

 こんな日は温かいもの、お饂飩なんぞ、食べたくなりますが、饂飩は昨日食べたので、温かい餡をたっぷりかけた「ラートナー」にしました。中華系タイ料理で、中華料理の「あんかけ」とほぼ同じもの。
 
 ご飯にかけて中華丼みたくするのもいいけど、私はラートナーのときは麺派。
タイの屋台や食堂では、ラートナーを注文するとき、麺をお好みで選びます。
ラーメンみたいな中華麺もしくは、PHOにも使う米粉麺(クエッティオ)で、クエッティオを選ぶ場合は細麺・中麺・太麺の指定もします。
 私は断然、センヤイ(太麺)です♪ もちもちしてて、美味しいのです。
 しかし、本日は細い麺で甘んじる。家にセンヤイがなかったんです。
寒いから「麺を買いに行く」気もしないから、あるもので我慢、我慢。

f0363883_23280796.jpg

 ラートナーは日本人には簡単な料理。いつもの中華餡かけをタイの調味料に変えてみれば、簡単にタイ風になるからです。
 我が家のレシピは、タイの味噌「タオジオ」(なければ日本の赤みそ)小さじ1、ナムプラー小さじ1、醤油小さじ1、砂糖小さじ1(一人前につき)。250㏄のチキンブイヨンで野菜を手早く煮、大さじ1の片栗粉でとろみをつける。
 食べるとき、チリパウダーとお酢を加えて味を最終調整。私は辛くて酸っぱいのが好きなので、唐辛子多めで、いただきまーす♪

 とーんと記事をアップしなかったのは、辛いものを食べてなかったからなのです。医者から「刺激物を食べないように」と言われていたので、ずっと香辛料は控えておりましたが、ようやく治療が終わり、食事制限から解放された。
 久々に食べるタイ料理は、やっぱり、美味しいぃー♪(と声を大にして言う)。
でも、麺は細いのより、太いのがよかった。センヤイのぷりぷりした麺に餡がからむのが、たまらんのです…。さらに今日は野菜だけのベジタリアン仕様としましたが、やっぱり、肉が入ってたほうが美味しいわ。おすすめは豚肉です。
 なーんて考えながら 食べてるから、満足度はいまいち。
このリベンジは太麺で!。近日中、またラートナー作りたいと思います。

[PR]
# by parisbkk | 2018-02-07 00:12 | 屋台の味

和風弁当

わざわざ「和風」とつけたのは、私が作る弁当だから、エスニック料理のお弁当を期待される人がいるかも・・と思ったから。普通のお弁当です。なぜなら自分用でなく、日本からお越しになった空手の先のためにお作りしたからです。
f0363883_18035811.jpg
空手十段。84歳。現役で空手を教えておられるスーパー先生。
フランス人に空手を教えるため、2週間のスケジュールでお越になられた。高齢でが、普段から鍛えておられるのでお元気ですが、さすがに毎日フランス料理ってのは辛そう。なので、和風弁当を差し入れしました。
すごく喜ばれました。南仏へ下るTGVの車内で食されましたが、周囲の方から大注目を浴びたとか。

お煎茶は、ペットボトルにいれましたが、水のラベルは剥いだせいで、なんだか「あれ」みたいでした・・・(←これでわかった方、すごいです)。何だ???って、ご想像にお任せします。
お茶が黄色なぶん、ペットボトルのラベルはあったほうがいい。これで、わかります???



[PR]
# by parisbkk | 2017-10-12 18:27 | 和食